独立するなら記帳スキルも大事

IT系の仕事では、ITに関する全般的な知識だけでなく、マーケティング、コンサルタント、プロジェクトマネジメント、ITアーキテクト、ITスペシャリストなど、職種によって異なる専門知識が必要です。ITスペシャリストという職種ひとつをとっても、ネットワーク、データベース、アプリケーション、システム管理、セキュリティなど分野が細かく分かれています。
また、クライアントと打ち合わせをするに当たっては、コミュニケーションのスキルも求められ、仕事を納期にきちんと仕上げるためには、マネジメントのスキルも必要になってきます。これらのスキルは、ある特定の役割の人というよりは、個人個人が備えているべきスキルと言えます。

IT業界は、比較的人材の流動性が高い業界と言えるでしょう。業界内の転職は珍しいことではなく、会社員としてキャリアをスタートした後、それまでに培ったスキルを活かして独立し、フリーランスで活躍する人や起業する人も数多くいると言われています。
フリーランスで活動するためには、基本的な簿記のスキルもあるに越したことはありません。会社員であるなら、税金に関することは専門部署の人が担当するのが一般的です。しかし、フリーランスで仕事をする場合、業務委託という形式を取ることが多くなるはずなので、どのくらい報酬をもらったかやかかった費用等を自分で帳簿に記しておき、それを元に確定申告をしなくてはいけなくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP